奈良駅徒歩1分。奈良で会社整理・破産に詳しい弁護士による無料相談相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

奈良の弁護士による会社整理・破産の無料相談

0120-115-456
  • HOME
  • 解決事例
  • 破産申立⇒法人につき破産を、代表者につき個人再生を申し立てた事例(解決事例8)

解決事例

NO.8 破産申立 ⇒ 会社について破産を、代表者について個人再生を申し立てた事例(販売業)


<事案>

 H社は、サッカーグッズの販売を行う事業を営んでいました。
 大口取引先との契約が切れたことで、平成21年ころから売上が大幅に減少するようになり、売れ残った商品をネットオークションに出品するなどして改善を図りましたが、以前の売上には遠く及ばず、債権者への返済等が追いつかなくなったため、当事務所に相談に来られました。
 


<解決に至るまで>

 H社の問題点としては、H社社長の自宅不動産が父親との共有であること、がありました。

会社に関しては、事業を続けても債務の返済をなしうる収益を上げることは困難であると判断し、破産申立を行うことになりました。破産申立に必要な書類の収集、事業内容及び倒産に至るまでの事情等の詳細な聴取を行い、特に目立った財産や処分行為など、問題となるような事案もなく、申立後順調に手続が進みました。

また、H社社長に関しては、社長名義での住宅ローンが残っていました。通常であれば、会社の代表者は会社と同時に破産をすることが多く、その場合、自宅不動産も手放すことになるのがほとんどですが、社長の自宅には、家族と共に、共有者である高齢の父親も同居していたため、社長としては何とか手放したくないと考えていました。
そこで、住宅資金特別条項付小規模個人再生の手続を申し立てることになりました。社長にはすぐに就職活動してもらい、無事定職に就くことができましたので、そこから弁済予定相当額の積立を行い、弁済履行可能性の実績を作ったうえで個人再生の申立を行いました。その後順調に手続が進み裁判所の再生計画の認可を得ることができました。その結果、親子3代で住んでいる自宅不動産を守ることができました。

 

解決事例

当事務所で事例の一部をご紹介させていただきます。


NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例


NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例


NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例


NO.4 破産申立 ⇒代表者も知らなかった財産が後に判明した会社(プログラミング設計)の事例


NO.5 破産申立 ⇒社長の親族(父親)が連帯保証人となっていた会社(板金業)の事例


NO.6 破産申立 ⇒ 明け渡し費用と自動車管理費用に窮した事例(金型工場)


NO.7 破産申立 ⇒ 不動産の持分を親族に買い取ってもらった事例(倉庫業)


NO.8 破産申立 ⇒ 会社につき破産を,代表者につき個人再生を申し立てた事例(販売業)


NO.9 破産申立 ⇒ 帳簿類その他会社関係資料の一切を紛失してしまっていた会社の事例(販売業)


Copyright © 2012 弁護士法人i 奈良法律事務所 ll Rights Reserved.
奈良県奈良市中筋町5番1(奈良駅徒歩1分)