奈良駅徒歩1分。奈良で会社整理・破産に詳しい弁護士による無料相談相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

奈良の弁護士による会社整理・破産の無料相談

0120-115-456
  • HOME
  • 解決事例
  • 破産申立⇒給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例(解決事例3)

解決事例


NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例


<事案>

 C社は、プラスチック加工業を営んでいたところ、折からの不景気のため受注が減少、ついには従業員の給料まで支払いが遅れるようになってしまいました。
 C社社長も懸命の経営努力を重ねてきましたが、あてにしていた売掛金が金融機関の差し押さえをうけるなどし、いよいよ支払いができない状況になりました。
 そこでC社は弊事務所にご相談に来られました。



<解決に至るまで>

 C社には、金融機関からの借入だけでなく、従業員の給与が未払いとなっていました。C社の資産といえば、倉庫に在庫品や機械設備(プラスチック成形の金型など)があるだけで、現金や預貯金がなく、裁判所におさめないといけない破産予納金を支払えない状況でした(*破産予納金を裁判所に納めないと破産することが出来ません。)。
 そこで、倉庫の在庫品およびプラスチック成形の金型を少しでも高額で買い取ってもらえるように同業他社に粘り強く交渉を重ねたところ、無事破産予納金を確保することができました。その上、倉庫をきれいな状況で明け渡すこともできたため、明け渡し費用も節約することができました。
 また、従業員の未払いとなっていた給料については、「労働者健康福祉機構」の未払賃金立替払いを利用し、出来るだけ早く生活の原資を確保しました。
そして、破産申立したところC社も破産が認められ、社長自身も免責を無事に得ることできました。

 C社の社長はその後その腕を買われて同業他社で従業員として勤めることができ、破産後の生活の糧を手に入れることができました。
 




解決事例

当事務所で事例の一部をご紹介させていただきます。


NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例


NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例


NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例


NO.4 破産申立 ⇒代表者も知らなかった財産が後に判明した会社(プログラミング設計)の事例


NO.5 破産申立 ⇒社長の親族(父親)が連帯保証人となっていた会社(板金業)の事例


NO.6 破産申立 ⇒ 明け渡し費用と自動車管理費用に窮した事例(金型工場)


NO.7 破産申立 ⇒ 不動産の持分を親族に買い取ってもらった事例(倉庫業)


NO.8 破産申立 ⇒ 会社につき破産を,代表者につき個人再生を申し立てた事例(販売業)


NO.9 破産申立 ⇒ 帳簿類その他会社関係資料の一切を紛失してしまっていた会社の事例(販売業)



 

会社整理・法人破産の相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

弁護士紹介

事務所紹介

弁護士費用

アクセス

MAP

〒630-8238
奈良市高天市町11番地1
高天飯田ビル301号
近鉄奈良駅徒歩5分

クリックすると拡大されます

MAP 債務整理不動産交通事故相談 奈良の弁護士による会社整理・破産無料相談所
Copyright © 2012 弁護士法人i 奈良法律事務所 ll Rights Reserved.
奈良県奈良市中筋町5番1(奈良駅徒歩1分)