奈良駅徒歩1分。奈良で会社整理・破産に詳しい弁護士による無料相談相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

奈良の弁護士による会社整理・破産の無料相談

0120-115-456
  • HOME
  • 解決事例
  • 破産申立⇒代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例(解決事例2)

解決事例


NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例


<事案>

 B社の代表者は、B社の他に、有限責任事業組合と合同会社の代表となっていました。事業開始当初は順調に売上もあがり、事業拡大に向けて設備投資を行いました。
 ところが、サブプライムローン問題などから、売上が減少し、経費が売上を上回るようになってしまいました。
 そのためB社は設備投資の際の借入返済と人件費が経営を圧迫するようになり、経営を維持することが難しくなってしまいました。
 そこでB社は弊事務所にご相談に来られました。



<解決に至るまで>

 B社には、有限責任事業組合と合同会社がありましたが、実体があるとはいえない状態でした。そこで、今回はB社と有限責任事業組合と合同会社との関係や、資金の流れ、資産等を詳細に検討したところ、B社はその業態(人材派遣業)から財産を有しておらず、資金繰りをこれ以上行うのは困難でした。そこで実体を有していると言えるB社のみを破産申立をすることになりました。
 
破産の申立に際しては、資金の流れの有無やその内容、また社長が代表を務めていた会社や個人事業との関係性を明確にいたしました。直前に資金移動等があれば、資産隠しとみなされかねないと考えたためです。債権者からは、登記簿上はB社代表者が代表を務める会社が他にあり、そこへの資金流出などがあるのではないかという厳しいお問い合わせもたくさんありました。しかし、当事務所としては、調査結果を一つ一つ丁寧に説明させていただきました。

 その結果、債権者から特段の意見が裁判所に出されることもなく、B社も破産が認められ、社長自身も免責を無事に得ることできました。

 今回の事例はB社にとって、積極的に頑張っていこうという矢先にサブプライムローン問題の影響を受けてしまったというもので悔しさがあふれるものだと思います。昨今は経済状況もちょっとしたことで急激に変化するため、そのリスク管理も重要だと再認識させられました。
 

 




解決事例

当事務所で事例の一部をご紹介させていただきます。


NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例


NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例


NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例


NO.4 破産申立 ⇒代表者も知らなかった財産が後に判明した会社(プログラミング設計)の事例


NO.5 破産申立 ⇒社長の親族(父親)が連帯保証人となっていた会社(板金業)の事例


NO.6 破産申立 ⇒ 明け渡し費用と自動車管理費用に窮した事例(金型工場)


NO.7 破産申立 ⇒ 不動産の持分を親族に買い取ってもらった事例(倉庫業)


NO.8 破産申立 ⇒ 会社につき破産を,代表者につき個人再生を申し立てた事例(販売業)


NO.9 破産申立 ⇒ 帳簿類その他会社関係資料の一切を紛失してしまっていた会社の事例(販売業)



 

会社整理・法人破産の相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

弁護士紹介

事務所紹介

弁護士費用

アクセス

MAP

〒630-8238
奈良市高天市町11番地1
高天飯田ビル301号
近鉄奈良駅徒歩5分

クリックすると拡大されます

MAP 債務整理不動産交通事故相談 奈良の弁護士による会社整理・破産無料相談所
Copyright © 2012 弁護士法人i 奈良法律事務所 ll Rights Reserved.
奈良県奈良市中筋町5番1(奈良駅徒歩1分)