奈良駅徒歩1分。奈良で会社整理・破産に詳しい弁護士による無料相談相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

奈良の弁護士による会社整理・破産の無料相談

0120-115-456
  • HOME
  • 解決事例
  • 破産申立⇒取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例(解決事例1)

解決事例


NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例


<事案>

 A社は、折からの不況の影響を受けていましたが、良好な取引先があり、苦しいながらも経営を維持できていました。
 そうした中、A社は一番の取引先の大型プロジェクトに参加すべく、会社全体を挙げて準備を進めてきました。その後プロジェクトに参加できる見込みがついたため、A社はそれに対応できるように機械や人員を確保しました。ところが、突如その取引先から、「プロジェクトへ参加はさせられない」旨の通告を受けてしまいました。
 そのためA社は用意した人員や機械への支払に追われることになり、その上、売上もさらに落ち込むことになったため、急激に経営を維持することが困難になってしまいました。
 そこでA社は弊事務所にご相談に来られました。



<解決に至るまで>

 A社の経営状況を検討すると、プロジェクトへの参加を突如拒絶してきた会社からの売上が大半を占めていました。そして、その取引先とは今回のプロジェクトだけでなく、今後一切の取引を拒絶されているとの事情がありました。
 また自助努力という点においても、A社の資産はすでに資金繰りやコストダウンのために売却されており、自己資金を捻出したり、融資を新たに受けると言うことが極めて困難な状況でした。
 そのため、今後継続的に返済資金等を捻出することが困難であると言わざるを得ず、再生手続や更正手続を選択することが出来ませんでした。
 また、弁済期が迫っており、社長は個人で多額の負債の連帯保証人となっていたため、事業譲渡など時間を必要とする手段も採用しづらい状況でした。
 そうした点をふまえ、今回A社と社長は破産申立をすることになりました。

 破産の申立に際しては、社長が資金繰りにした結果、会社名義の口座に個人名の振込などが多数ありました。社長が、経営難に陥った会社から資金を引き出すことは、生活のためとはいえどもなかなか許されません。その為、社長に丹念にその使途を聞き取り、申立に際して裁判所への説明を丹念に行いました。

その結果、A社も否認権を行使されたりすることなく破産が認められ、社長自身も免責を無事に得ることできました。

 今回の事例はA社にとって、晴天の霹靂とも言う状況の変化(一方的な通告)から生じた結果であり、社長にとっても悔しい思いがあるかと思います。弊事務所としても、A社自身には大きな問題がない会社であったため、もう少し前であれば他の手段も執れたのではないかという思いもあります。
 ただ、社長自身、その人徳と腕を買われて、現在では新たな仕事に就き、新たな一歩を歩んでいただいております。




解決事例

当事務所で事例の一部をご紹介させていただきます。


NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例


NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例


NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例


NO.4 破産申立 ⇒代表者も知らなかった財産が後に判明した会社(プログラミング設計)の事例


NO.5 破産申立 ⇒社長の親族(父親)が連帯保証人となっていた会社(板金業)の事例


NO.6 破産申立 ⇒ 明け渡し費用と自動車管理費用に窮した事例(金型工場)


NO.7 破産申立 ⇒ 不動産の持分を親族に買い取ってもらった事例(倉庫業)


NO.8 破産申立 ⇒ 会社につき破産を,代表者につき個人再生を申し立てた事例(販売業)


NO.9 破産申立 ⇒ 帳簿類その他会社関係資料の一切を紛失してしまっていた会社の事例(販売業)



 

会社整理・法人破産の相談は弁護士法人ⅰ奈良法律事務所へ

弁護士紹介

事務所紹介

弁護士費用

アクセス

Copyright © 2012 弁護士法人i 奈良法律事務所 ll Rights Reserved.
奈良県奈良市中筋町5番1(奈良駅徒歩1分)